あおぞら銀行
公益通報者への不当労働行為
あおぞら銀行労務政策是正要求
あおぞら銀行行員支援 特設サイト

「あおぞら」の名を語るブラックな本性…それが…あおぞら銀行 不当な退職勧奨は許さない!不当な懲戒処分は許さない!

あおぞら銀行 公益通報者への不当労働行為

 このサイトは、あおぞら銀行の公益通報者に対する不当な行い、その労務政策への批判と不当な退職勧奨と、2階級降格を通告された行員を支援するサイトです。

お知らせ

2022/02/18東京都労働委員会 証人尋問申請報告
2022/02/18、都労委で審査計画が提示されました。また証人尋問の日程について、労組側4月21日(木)、銀行側4月22日(金)の開催で合意されました。
詳細については、コチラからご覧ください。
2022/01/31東京都労働委員会 公益委員交代に伴う争点整理
2022/01/31、都労委で公益委員の交代に伴い改めて争点整理が行われました。
詳細については、コチラからご覧ください。
2022/01/07経緯経過ブラッシュアップ
今この時も「あおぞら銀行」で起こっている公益通報者に対する不当な労働行為。少しでも多くの方に知ってもらいたく、経緯経過をマンガ化してみました。
2021/10/20東京都労働委員会 第4回 調査会議
2021/10/20 東京都庁第一本庁舎38階の1室にて、あおぞら銀行の東京都労働委員会の第4回の調査会議が開催されました。
詳細については、コチラからご覧ください。
2021/09/27東京都労働委員会 第3回 調査会議
2021/09/10 東京都庁第一本庁舎38階の1室にて、あおぞら銀行の東京都労働委員会の第3回の調査会議が開催されました。
詳細については、コチラからご覧ください。
2021/08/04東京都労働委員会 第2回 調査会議 提出準備書面掲載
2021/07/26 10:30 ~ 東京都庁第一本庁舎38階の1室にて、あおぞら銀行の東京都労働委員会の第2回の調査会議が開催されました。
詳細については、コチラからご覧ください。
提出した準備書面は、コチラから。
2021/06/22東京都労働委員会 第1回 調査会議 提出準備書面掲載
2021/05/27 13:30 ~ 東京都庁第一本庁舎38階の1室にて、あおぞら銀行の東京都労働委員会の第1回の調査会議が開催されました。
提出した準備書面は、コチラからご覧ください。
2021/06/01拒否し続ける「あおぞら銀行」に対し団交申入れ
あおぞら銀行による組合との協議をしない姿勢は、明らかに不当労働行為です。
申入れの内容については、コチラからご覧ください。
2021/05/27東京都労働委員会 第1回 調査会議開催
2021/05/27 13:30 ~ 東京都庁第一本庁舎38階の1室にて、あおぞら銀行の東京都労働委員会の第1回の調査会議が開催されました。
詳細は、こちらからご確認ください。
2021/05/212021/05/27 東京都労働委員会 第1回 調査会議開催
あおぞら銀行の東京都労働委員会の第1回の調査会議が開催されます。
開催日時:2021/05/27 13:30 ~
調査会場:東京都庁第一本庁舎38階の1室
2021/04/16金融庁要請
近畿財務局要請から1週間ごとなる4月16日、東京にて金融庁要請を行いました。内容は、こちらからご覧いただけます。

あおぞら銀行殿
「公益通報者保護」ってこういうこと

公益通報者保護とは…

公益通報者保護制度は、国民生活の安心や安全を脅かすことになる事業者の法令違反の発生と被害の防止を図る観点から、公益のために事業者の法令違反行為を通報した事業者内部の労働者に対する解雇等の不利益な取扱いを禁止するものです。

公益通報者保護法とは…

公益通報者保護法は、労働者が公益目的で企業内の不祥事などについて通報を行ったことを理由に、当該事業者が労働者に対して解雇などの不利益な取り扱いをすることを防止する法律です。 公益通報者保護法では適用対象となる事業者を規模などによって限定していないため、全ての事業者が順守する必要があります。

これでも理解できない場合は…

公益通報者保護法って? | 受験・学習に~ 朝日中学生ウイークリー

公益通報者保護法って? | 受験・学習に~ 朝日中学生ウイークリー

をご覧ください。

マンガで見る
あおぞら銀行で起こっていること

あおぞら銀行では、公益通報者に対する不利益な取り扱いを継続しています。公益通報者保護に対する違反行為を隠すために、過去にあおぞら銀行自身が問題があるとしてこなかった事柄を持ち出し、自らの違法行為を正当化しています。

そんな状況を少しでも多くの方にご覧いただければと、マンガで経緯、経過、状況を作ってみました。是非、ご覧ください。

  • わたしは、2011年にあおぞら銀行に入行した
  • あおぞら銀行の名に恥じぬよう法令を遵守し仕事に邁進した。そして2019年に昇格。同年、教育指導を行うチーフフィナンシャルに任命された
  • そんなある日、社内に不穏な空気を感じた。それが何なのか知る由もなかった
  • 不穏な空気の原因は「法令違反」だった。同僚や上司による顧客の公正証書、一部の相続者に対する遺言の隠ぺい行為だった。
  • 隠ぺい行為を知ってしまった以上、どうしたものか悩む日々
  • 悩んだあげくそ族上長に進言したがはぐらかされた…
  • 外部への告発には頭になく、内部通報にて事態の収束を願った
  • すると所属上長からの嫌がらせ…今まで経験のない目標設定の書き直しを何度も要求された
  • 私に対する銀行の対応は内部通報したことへの報復?疑いは増すばかり
  • 新型コロナによる自宅リモートワークで職場へ電話しても、どこか気まずそうな雰囲気を感じ…
  • そのうちに…私だけ本部の社内会議に呼ばれなくなった
  • 自分を守るために労働基準監督署へ「個別労働関係紛争解決援助」を申請した
  • 「はい。自席にいらっしゃいます。お待ちください…」
  • それは人事部からの呼び出しだった。過去5年~6年前から現在までの9項目について面談したいとのことだった
  • 人事部からは「問題のある社員として連絡を受けた」とのことだった
  • 昇進する前の5項目も含め指摘され、ダメ出しを受けた…「看過できない」そうだ…きっとお前にも悪いところがある。他人の指摘をするなということだろう。完全な内部通報者への報復だ…
  • 「看過できない。」「懲戒事由に該当」との指摘…根拠となる事実を求めるも「開示義務はない」と拒否
  • 社長と行員による意見交換の場を利用して、人事部上司らの組織的な報復をメールで送る…
  • 「社長や関係者へのメールは業務妨害だ。厳重注意処分とする。」
  • このままでは組織に潰される…ひとりで闘うには限界がある…相談先を探した
  • ネットで検索し「金融ユニオン」へ相談の連絡を入れ、面談の予約をとった
  • 「全くひどい話だ。まずは団体交渉を申入れ、応じない場合に備えて、弁護士依頼を検討しましょう。もう一人で悩まずみんなで闘いましょう。」
  • 懲戒処分の不安から金融ユニオンに加入。金融ユニオンからあおぞら銀行へ「問題事項の開示要求書」を提出し、「団体交渉の申入れ」を実施する
  • 団体交渉の申入れを行うが、あおぞら銀行からの返答は遅れた。金融ユニオンによると、労働問題を起こす会社は、このような対応をするものだそうだ。
  • 金融ユニオンはあおぞら銀行との団体交渉で、懲戒事項の具体的事実を説明を求めたが、あおぞら銀行から具体的な回答はなかった
  • その後、あおぞら銀行は組合との団体交渉を開催することなく、わたしへ一方的な降格の内示と退職勧奨を行ってきた
  • 金融ユニオンは、あおぞら銀行によるわたしへの内示を受け、発令日2021年4月1日の前、2021年3月29日に東京都労働委員会へ「不当労働行為救済申立て」を行った
  • あおぞら銀行のこれまでの対応をみて、労働問題に強い弁護士2名体制で東京都労働委員会への不当労働行為救済申立てを闘うこととした
  • あおぞら銀行は団体交渉中にもかかわらず、強硬的に今期の評価を最低とし、2階級も降格させたうえで他の社員と隔絶された一人部屋で業務をさせる人事異動を行った
  • あおぞら銀行の対応により残念ながら…つづく

あおぞら銀行
公益通報者 懲戒処分問題 概要

 あおぞら銀行本部で、FP業務の教育を担当する管理職のIさんが2019年11月に業務上の問題を指摘し、銀行業務の発展を願う立場から提案を行いましたが、職場の上司に受け入れられることはありませんでした。Iさんはやむを得ずコンプラ管理部署にホットライン通報をしましたが管理部署においてもその問題が解決されることはありませんでした。

 その1カ月後、Iさんは人事部から突然「面談をしたい」と呼び出され、過去6年前から現在にかけて9項目の問題を掘り起こされ、これまで一度も注意されたことがない事柄を新たに取り上げ、就業規則上「上司の指示を守らない」「ハラスメントを行った」「組織の秩序を著しく乱した」と一方的に非難され「懲戒事項に該当」との説明を受けました。

 Iさんは、職場の上司と人事部が連携して、ホットライン通報への報復措置を行ってきたと認識し、職場の目安箱を通じて役員へ報告しましたが、人事部より「当該役員への報告は関係者以外へ行った迷惑行為であり、業務妨害として懲戒対象事項にあたる」とさらに注意を受け、2020年7月30日に厳重注意処分の通知書を人事部長名で送付されてしまいました。

 Iさんは「懲戒事由」となる具体的な問題の明示を求めて交渉を行いましたが、個人の交渉では、一切根拠を明示されることもなく、話をそらされ、関係する人たちの伝聞を盾に、何ら回答を得ることができませんでした。

 Iさんは労基署へ相談し「助言・指導制度」を利用しましたが、結果的に何も解決されず、懲戒への不安が日々強くなっていく状況から、8月13日に不当な銀行の対応改善を求めて私たち金融ユニオンに加入してこられました。